ブログトップ » 2015年11月

2015年11月24日

この人たちは何を守っているのか?  2015:11:24:12:24:10

こんにちは、使用人です。

デザフェス会場をウロウロしていたら、機動隊みたいなブースがありました。

20151122155133_320.jpg

20151122155128_320.jpg

『自宅警備隊 宅外派遣』? なんかよくわかんないけど、なんかカッコいい。

20151122155054_320.jpg

なぜかブース前で戦車のプラモを熱心に作ってる。

20151122155118_320.jpg

びっくりした、本物の警察官かと思った。

なんとも、デザフェスらしい。(笑)

久々の秋デザフェスでした。  2015:11:24:11:50:19

こんにちは、使用人です。

先週の土日、東京ビックサイトで開催された『東京デザインフェスタ』に出店してきました。

20151122154818_320.jpg

3年前に抽選方式に変わってから、11月開催のデザフェスはずっと抽選もれしていたので、丸3年ぶりの出店となりました。

あいかり屋

5月開催の出店ではサンダルをメインに展示しているので、今回あいかり屋のコットンとアルパカを東京の方に久々にお見せすることができました。

常連のお客さんからも『秋も是非出店してください!』と言っていただき、久しぶりながら出店できて本当によかったと思いました。

次回もまた応募します。
がんばって出店できることを祈ります。

二日目の開演前に少しウロウロしていましたが、クリマよりもデザフェスのほうが、明確なアート作品が多いですね。
私好みの絵柄も多いです。

20151122154852_320.jpg

あれ?
なんか惹かれると思ったら、クリマで見たお兄さんの作品だ。

うーん、今回も描く絵柄も、『なぜこの絵を描く?』という絵柄だな。
さすがだ。

20151122155813_320.jpg 20151122155825_320.jpg

このお姉さんの作品もいい。
バイクのタイヤがいい。(笑)

20151122155821_320.jpg

お姉さんの絵本が読んでみたいな。

むしろ絵本はお兄さんの方か。

2015年11月19日

『パターン』とは、要するに『展開図』。  2015:11:19:22:08:53

こんにちは、使用人です。

今あいかり屋は秋冬作品を販売しておりますが、それと平行してオーナーは来年のコットン服やサンダルのデザイン、試作もしております。

来年1月~3月にチェンマイに行ってまた創作活動に没頭する予定です。

服や帽子をデザインのパターン(型)を作る時は私も手伝ったりするんですが、これってつくづく数学だと思うんです。

服のデザインを考える際は数学なんて一切考えなくていいですが、いざ型にするときはめちゃめちゃ数学を使います。
と、思います。

たとえば、あいかり屋の『新くびまき帽子』はとても変な形をしていますが、型を起こすときは高校数学使いまくりでした。

最近もある帽子デザインのパターンを手伝いました。

具体的にいうと以下の円錐を斜めに切った下の部分の展開図の作製です。

20151119220721_320.jpg

分かっているのは、底面の外周の長さと、斜めに切り込んだ位置m(小文字エム)と、l(小文字エル)の長さ、そして切り口の外周L(大文字エル)の4つです。

このときは、mとlの差が大してなかったので、m=lの断面として作製方法(コンパスなし)を考えました。

これで十分な精度だったんでとりあえずよかったんですが、私の中でどうにも『円の近似であって、正しくない。』ということが納得できないでいました。

どうにもモヤモヤしてました。(笑)

ということで、斜めに切ったときの展開図の作成方法をずーーっと、こっそりと考えてました。

まず、この斜めに切った断面図ってどんな形になるのかを考えました。

これ、『楕円』になります。

ちなみに『円錐を斜めにきったときの断面は楕円』という事実は、高校でも教えてるらしいです。
私は完全に知らなかったですが・・・。

ただこの『円錐を斜めにきったときの断面は楕円』の証明は簡単ではないです。
ネットで『円錐を斜めにきったときの断面は楕円である証明』を見つけて読んだ時はとても感動しました。(笑)

『楕円らしい。』と、『楕円である。』は、天と地ほどの差がありますからね。

そして、断面楕円の焦点や、断面の外周長を導いて、最終的に斜めに切ったときの展開図の作り方(コンパスなし)を考えました。

ちなみに楕円の場合は円と違ってどうしても『繰り返し計算』を行って収束させる必要があります。

まぁ、それだけなんですけどね。(笑)