ブログトップ » 2015年10月

2015年10月30日

宿題は自分でしましょう!  2015:10:30:19:04:44

こんにちは、使用人です。

昨夜、小学4年のムスコに、『宿題でわからないところがある。』というので、みてあげたんですが・・・。

問題、
『()カッコ、+、-、×、÷』を数字の間に入れて、式を成り立たせなさい。
 5 4 3 2 = 3
か、なるほど。

で、この答えは、
5+4-3×2 = 3
とするか、
(5+4-3)÷2 = 3
と、書いて成り立たせます。

ちなみに答えは、まだあるかも知れません。

で、子どもがわからないと言ったのが、この以下の問題です。

5 4 3 2 = 9

あれ?
なんか難しい・・・。

4年生の問題を頭フル回転で考えてる親父・・・。
その姿をジッと見つめる息子・・・。
考えること数分、沈黙の時間が過ぎてゆく・・・。

答えは、(5+4)÷(3-2)=9 か!

ふーーーーっ。
冷や汗出ました。

教訓:宿題は、自分でやりましょう!

<追記>
答えのパターンは、ほかにあるんでしょうかね?

2015年10月29日

『本屋さん』と『図書館』  2015:10:29:11:48:19

こんにちは使用人です。

前々からちょっと気になっていたというか、改めて『ありがたいなぁ。』と思っているものに図書館があります。

私が良く行く豊田図書館は、書籍量がとても充実していて、気になる著者を図書館の端末で検索かければ、結構な数の本が引っかかって、すぐに借りられます。

図書館は本当にありがたいです。

もし、図書館がなかったら、本の購入費が3~4倍になってしまします。
図書館で読んで、『図書館で借りて読んで良かった。』と思う本がいくつもあります。

いわば図書館は、私にとって『私の第二の本棚』という感覚です。

あまりに便利なので、『DVDのレンタルだって、お金を払うのに、こんなたくさんの本をタダで読めて、出版社や本屋さんは困らないのだろうか?』と、前々から心配していたぐらいです。

そうしたところ、やっぱりといいますか、最近になってこの図書館の『タダで本を貸し出す。』というのが、出版業界の利益を損なっているとして、ある出版会社が図書館協会側に、『出版一年間は、図書館におかないでほしい。』とお願いしてることが分かりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000013-asahi-soci
yahooニュースより

20151029114237_320.jpg

最近読んだ 百田尚樹著『大放言』の中にも『衰退する出版業界のためにも、出版一年間は、図書館に置かないでほしい。』と、懇願してました。

先ほどの出版社のお願いに対して、日本図書館協会の副理事長は、
「図書館の影響で出版社の売り上げがどのくらい減るかという実証的なデータがあるわけではない」と言ってるらしいですが、
『売り上げが減ることは間違いなく事実だから、そんなことに実証的なデータがいるんだろうか?』
と、思ってしまいます。

巷ではこんな感じで騒がれているわけですが、私はというと『図書館というシステムを大事に使わせていただく。』という限りです。

<追記>
これからさらに増えるであろう電子書籍と図書館の関係はどうなるだろうと考えたりもします。

たとえば、『電子書籍端末を図書館に持って行って、そこで読みたい本のデータをダウンロードでれば大変便利なのに・・・』と、つくづく思います。

図書館はレンタルだし、そのまま端末にデータが残るといけないから、データ自体を揮発性にして、『14日で借りた本のデータは自動的に消える。』とすれば、いいと思うんですが・・・。

『期限をもってデータが消える。』っていうのは技術的に難しくないと思います。

ただ、利便性がとてもよいことが明らかでも、普及することはないでしょうね。

2015年10月27日

初の薪ストーブ  2015:10:27:14:14:29

こんにちは、使用人です。

20151027071754_320.jpg

今日の朝、今シーズン初めて薪ストーブをつけました。

昨日の朝は寒かったですからね。
もうボチボチかなと思っておりました。

去年は11月中旬ごろにつけたので、今年はだいぶ早いです。

でも、この時期にフルで薪を燃すと熱すぎますね。
細い薪を数個でちょうどいいです。

一度薪ストーブをつけちゃったら、明日からつけないといられなくなるだろうなぁ。

<追記>
先月、掃除後にストーブからヒモが現れて、これが何なのか分からずにいましたが、設置業者から『たぶん、必要ないよ。』と、微妙な回答をもらって、無事にストーブをつけることができました。