ブログトップ » 2012年8月
"2012年8月"のトップ (1~3件/20件) |次へ≫

2012年8月31日

能登半島ぐるり vol.2 塩田  2012:08:31:09:05:30

こんにちは使用人です。

親指第一間接の外側あたりを走っていたら、塩田が現れました。
このあたりは塩作りが昔から盛んらしいです。

塩田づくり

今でも昔とおなじ手法で塩を作っていることに素直に感動です。
暑い中ご苦労様です。

塩の作り方をざっくり説明すると、
1)海水を塩田全体に広げて、天日で水分を抜く。
2)乾燥した表面の土(塩を含んだ土)を中央に集めて、四角い箱に入れる。

20120827141904_240.jpg  20120827142718_240.jpg

3)箱に塩水を加えて、乾いた塩を溶かして、土をろ過して、濃い塩水を抽出する。

20120827141300_240.jpg
濃度計で濃度を調べています。
濃度が薄いと、釜での水飛ばしが大変らしいです。

4)濃い塩水を釜で煮立たせて、塩を結晶化させる。

20120827141941_240.jpg
写真では小さい釜ですが、通常はもっと大きな平らな鍋をつかいます。

5)取り出した塩から不純物を目視で取り出して、完成です。

20120827142221_240.jpg 

天日で乾燥なので、日差しが強いほど都合の良いわけなので、作業する人は本当に大変です。

ちなみにこの昔のやり方で作った塩の方が、市販の塩よりも結晶が大きくて、口に入れたときしっかり味がして、それでいてなめらかな後味になるようです。

私も味見しましたが、なんとなくそんな感じがしました(笑)。

2012年8月30日

能登半島をぐるり vol.1 スケルトンテント  2012:08:30:13:58:27

クラフト後に、『千里浜キャンプ場』に宿泊しました。

ここは、オートキャンプ場で、テント持込で宿泊できます。

ちなみにうちのテントはこれです。

スケルトンテント

向こう側が透けて見えます。
これ、オーナーがタイで見つけた蚊帳なんですが、うちでは『スケルトンテント』と呼んでいます(笑)。

20120827071140_320.jpg

見渡すと、当然ながらみんなさん立派なテントです。

そんな立派なテントの中で、唯一の『スケルトンテント』です。
直視されると若干恥ずかしいですが、風通しはずば抜けて優れています。

ただ、雨が降ったらお手上げという、とってもリスキーなテントです(笑)。
コンセプトが、とってもトガってます。
あいかり屋の商品のようです(笑)。

20120826212013_320.jpg

夜は、星空を眺めて眠れます。
結構快適でした。

『碁石ヶ峰クラフト』 vol.2 能登半島をぐるり  2012:08:30:13:26:07

こんにちは使用人です。

前のブログでオーナーが書いてましたが、前の土日に石川県の碁石ヶ峰クラフトに出店していました。
この今回の石川出店が、私の生まれてはじめての石川でした。

40歳を超えて、初の石川経験なので、次回があるかわかりません(笑)。
ということで、さらに一日滞在して、能登半島をぐるりと周ることにしました。

20120830125041_320.jpg

能登半島は、ちなみにこんな形をした半島です。
もうちょっと上に反った形をしてるかな(笑)。

親指外側付け根あたりにある『千里浜キャンプ場』に泊まって、朝から親指ふちを沿って走って、夕方夜に親指内側付け根ちょっと上の『和倉温泉』で湯に浸かって帰りました。
なんやかんやで、丸一日かかりました。

次回、能登半島の面白かったポイントを紹介しますね。

"2012年8月"のトップ (1~3件/20件) |次へ≫