Top » あいかり屋のアルパカ作品

あいかり屋のアルパカ作品

『あいかり屋は、高品質なアルパカ毛を使用し、オリジナルデザインのアルパカ作品を提供しています。』

アルパカとその特徴

アルパカは、アンデス山脈5000mに生息するラクダ科の動物です。

そのゆるくてかわいい風貌で、日本でも数年前より一躍人気者になった動物です。

アルパカ放牧

写真:アレックス氏撮影。

アルパカ毛は本当にすばらしく、

1)適度な油分を含んでいて、しっとりとしている。
2)毛が細くてやわらかいので保温力が高い。
3)お洗濯しても、ちぢみが少なく、毛玉もできにくい。手間なく綺麗に保てる。
4)虫に食べられにくいので、ウールやカシミヤよりも扱いが容易である。

などなど、他の獣毛より、『保温力』『肌触り』『扱いが容易』などの点で抜きに出て優れています。

あいかり屋のアルパカ毛糸

良質のアルパカ毛糸は、単にアルパカ毛100%だったり、アルパカ毛の含有率の高さで決まるわけではありません。
アルパカの毛は、大人になるにしたがい太く硬くなっていきますので、いかにやわらかいアルパカ毛を選別して使用するかが重要となります。

当然ながらあいかり屋のアルパカ毛糸は、ベビーアルパカ(生まれたばかりの毛)やそれに近い若い毛の品質の良い柔らかい毛を使用しています。
ただ、柔らかく良質だからといって、幼いアルパカ毛(ベビーアルパカ)ばかりの毛糸だと、引っ張り強度が弱く、ニットが著しく伸びてしまうことがあります。

あいかり屋で使用しているアルパカ毛糸は、選りすぐった良質のアルパカ毛を使用しております。

あいかり屋で扱うアルパカ商品の毛糸は大きく2種類あります。
1)アルパカ100%の毛糸
 アルパカ本来の保温力を100%引き出します。

2)アクリルを約40%混合させた毛糸
 アクリルを混合させることで、毛糸に強度を持たせたり、作品の扱いを良くします。
 それでいて値段も抑えることができます。

双方の毛糸で長所短所があるので、作品によって使用する毛糸を変えています。

一般的に混合糸を使用することが多いですが、協力していただいているアレックス氏の方針のもと、2017年より、あいかり屋の作品も100%アルパカ毛使用する作品が主流になっています。

あいかり屋では、直接工場に出向き(アレックス氏)、アルパカの含有率・品質の確認をしております。

お客様に安心してお使いいただける作品をお届けしております。

≫アルパカ商品一覧


オリジナルのデザイン

あいかり屋の扱うアルパカ作品は、アレックス氏と共同で製作したオリジナル作品が基本です。

2010年より、あいかり屋のオリジナル作品第一弾として、アルパカのボタン付きストールを作りました。

一人一台の編機を使い、作品を仕上げる。(ペルーにて)
IMG_0668_320.jpg

あいかり屋オリジナル『ボタン付きスカーフ』の試作。

TS381156.jpg 

『まきもの』2012年発表の試作。まずは、布で作ってみます。

20120525131635_300[1].jpg

 

20120525124121_300.jpg

随時あいかり屋作品ができるまでの過程を、HP上の『現地からのインフォメーション』にのせております。
皆様に身につけていただく作品がより身近に感じられたら幸いです。

あいかり屋の創作コットン服

≫あいかり屋のオリジナルサンダル
≫あいかり屋のアルパカ商品