Top » お知らせ » 製作現場 » 「チェンマイコットン」とは?? inタイ人の村 

「チェンマイコットン」とは?? inタイ人の村 2013:02:22:01:12:04

こんにちは、オーナーです。

チェンマイから車で2時間のところにある、「染色と織りの村」に行ってきました。
以前ホームステイした「カレン族の村」ではなく、「タイ人の村」でした。

村の雰囲気は全くカレン族の村と同じでしたが~、
外国人の私には全く違いがわからなかったです。。。。

IMG_61103801.jpg

村には、「染色担当の民家」と「織り担当の民家」があり、
ひと村で布を仕上げるようです。

IMG_5946380.jpg

ちなみに、糸はバンコクやチェンマイにある「糸屋」から買うそうです。
糸はタイ製のものだけではなく、
世界中から輸入したものがあり、インド、パキスタン、アメリカ、イタリア製などです。

よくタイの綿織物のことを「チェンマイコットン」と呼んでいますが、
そのほとんどの糸は世界中から来ているんですね。
タイ国内だけの綿ではまかなえないそうです。(以外と知られていないことです)

IMG_5984380.jpg

こちらは「織り担当の民家」。一家に一代織り機があります。

IMG_5971380.jpg  

今後、あいかり屋では「染色」からモノづくりに関わっていきたいと思っています。

来年には、あいかり屋オリジナル染色で、
よりユニークで、よりおもしろい布ができるよう、勉強していきます。

どうぞお楽しにお待ちください。
私も楽しみです!